お問い合わせ

STAFF INTERVIEW 01

カタチに残る仕事なので
成果が目に見えて嬉しい

2018年入社
矢野事業所 技術部 道路工事監督支援業務

T.N

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. スタッフインタビュー

QUESTION 1

入社したキッカケは?

就職か進学で悩んでいる時に先生に当社を紹介して頂きました。HPを見てみると、工事監督支援の事例で、実際に私も使っている道路の写真がでていました。道路が完成した時に便利になったな!と感動したのを覚えています。地域の方々が住みよい街になり喜んでいただいている姿を見たい!と思ったのがキッカケです。
いろいろな現場で経験を積み、土木技術・CAD等もっと勉強し早く一人前の担当技術者になれるよう勉強の日々を送っています。

パソコンで仕事をする男性

QUESTION 2

仕事内容を教えてください。

国土交通省が発注する道路・河川などの公共工事がスムーズに進むよう、発注者に技術的な支援を行い地域の発展に貢献する事が私たちの仕事です。
日々の主な業務は施工管理や品質管理の視点から現場をチェックしたり、工事に必要な書類・図面・数量計算書等の作成をCADやEXCELを用い作成します。
また、工事打合せにも出席し情報共有を図り、的確な助言を行っています。
実際に作業を進めるにあたり大切な事は、前もってどこが重要でどのように進めるか、工事の一連の流れを知り把握していくということです。自分の中で一度整理し作業を行うことを心掛けています。

会議をしている社員

QUESTION 3

どんな時にやりがいを感じますか?

入社した年には豪雨災害が起こり先輩たちと一緒に災害復旧工事の業務を行いました。復旧工事が終わり住民の方々の笑顔が見れた時の事を今でも忘れません。地域の方々に安心安全に暮らしていけるインフラを提供できた時の充実感。やはりこの瞬間が一番やりがいを感じる時です。私たちの仕事は設計だけでなく、設計したものが出来上がるまで見届けられるので、成果が目に見えて嬉しいです。

就活活動中の方へメッセージ

入社して3年になりますが、社会人になって感じたことは「報連相」の大切さでした。問題点や疑問点を一人でかかえ込まず一つ一つその都度クリアしていくことが大切です。当社には先輩に聞くことのできる環境も整っています。みなさんも聞く事を恥ずかしいと思わず、積極的に先輩に聞きそして教わりレベルアップしていってほしいと思います。
最後に、就活中になかなか自分の思うようにいかなく苦悩することがあると思いますが、自分の軸をぶらさず頑張ってください。

インタビューを受ける社員