お問い合わせ

STAFF INTERVIEW 02

休日を家族と過ごせる喜びが
仕事への大きな活力になる

2008年入社
海田事業所 技術部 課長補佐
道路工事監督支援業務

Y.N

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. スタッフインタビュー

QUESTION 1

入社のキッカケは?

以前はゼネコンに在籍し工事監督をしていました。橋梁工事に携わっていた際にシーケイ・テックの監督支援業務をしていた社員と出会い、声をかけていただいたのがきっかけです。以前の会社では、会社の規模的に携われる仕事に制限がありましたが、ここならより幅広い業務に携わることができ、自身のスキルアップに繋がると考え転職しました。また、時を同じくして我が家に第一子が誕生したことで、夫婦一緒になって育児をしたい、家族と過ごす時間を大切にしたいと考えていたため、週休二日制も大きな魅力でした。子どもの年齢と在籍期間がちょうど同じであることもあり、我が子の成長に自身の成長を重ねながら仕事に励んでいます。

パソコンで仕事をする男性

QUESTION 2

仕事内容を教えてください。

入社して9年、継続して道路工事監督支援に携わり、現在は東広島バイパス工事を担当しています。主な仕事内容は、発注者と施工業者との打ち合わせへの参加、発注元の監督職員に変わって現場の維持・管理、現地と安全管理のチェック、関連書類の作成などです。
仕事をする上で大切にしていることは、日頃から発注者や施工業者とコミュニケーションを密にとることです。一人ではなく多くの人と仕事を進める場合、どれだけの情報を持っているか、その情報をきちんと共有できているかが重要になります。自分から積極的に話しかけ、相手としっかりとコミュニケーションをとり信頼関係を築いていくことで、多くの情報を得ることができます。

ドローンによる測量

QUESTION 3

どんな時にやりがいを感じますか?

平成26年3月29日に開通した東広島バイパス(瀬野西IC〜中野IC間4.4㎞延長)の道路供用を担当していた際に、大詰め段階での工程調整にとても苦労したことを覚えています。私たちの仕事は、一つの工事にたくさんの人が関わります。個人の力ではなく、多くの人が一致団結しなければ道路は完成しません。全体を把握し、先を見通す力がないと道路改良や舗装、安全面の管理、関係先との折衝など、次々に課題が現れます。後手に回らず調整を上手にしておけば、物事がうまく回ることを改めて実感した出来事でした。無事に開通式を迎えた時は大変だった分、喜びも大きかったですね。

就活活動中の方へメッセージ

建設業界といえば朝早くから夜遅くまで働き、休みは週一日というイメージが先行しています。しかし、シーケイ・テックは基本的に週休二日制であるところはとても魅力だと思います。「仕事とプライベートの充実」といいますが、プライベートを本当に充実したものにするためには、やはりしっかりと休みが取得できることが大切です。パートナーや家族と過ごす時間、旅行でリフレッシュしたり趣味に没頭したりする時間、それぞれプライベートを大切にしてほしいと思います。そして、その分仕事でも向上心を持って取り組み、日々勉強を重ねて成長していってほしいですね。

インタビューを受ける社員